information

イベント 詳細記事

瑞泉酒造(株) 南風原貯蔵所増設記念 “酒蔵コンサート”開催

瑞泉酒造(株)(取締役社長 佐久本武)は、かねてより増設中であった南風原新貯蔵庫の開設を記念し、「あなたと、古酒に、音楽を」をテーマに“酒蔵コンサート”を開催。お酒の貯蔵熟成と音楽は大変親しい間柄と言われており、熟成中の古酒にクラシック音楽を聞かせることによって、その熟成によりよい効果を与えると伴に、今後も定期的に開催し、南風原の子供達や音楽に携わる方々の交流の場として地域活動のお手伝いができればと考える。

創業114年の老舗・瑞泉酒造は、昭和52年に2,000キロリットルの原酒酒蔵を創設し、本格的な泡盛の貯蔵熟成を開始。潤沢で豊富な貯蔵量と熟成技術を持ち、20年以上寝かせた「本物の古酒」を世に広く提供し続けている。

泡盛鑑評会においても、瑞泉酒造は最高賞である県知事賞をこれまでに10回以上受賞しており、最多授賞の酒造所である。人それぞれ嗜好が多様化している泡盛の中でも、しっかりと安定した美味しさを持つ瑞泉の古酒は、厳しい審査の中で毎年審査員を魅了し続け、味には揺るがぬ確かさを持っている。

この度の酒蔵増設の持つ意味を、社長は次のように語っている。
「松山王子尚順の遺稿随筆で「古酒は単に沖縄の名産ではなく、沖縄の宝物だ。その宝物を造り続ける為には、貯蔵熟成に細心の注意を払い、基本的により豊富な親酒がなければすばらしい宝物となる古酒は造ることができない。そしてそれらを出すことができなければ、大家名家と呼ばれる家柄にあっては面子に係る問題である。」と先人は述べている。そのことを古酒造りの基本として遵守し、老舗の責任としてこれからも“本物の古酒”をより多く提供していきたい。」

開催日時:4月14日(土)PM4時~6時
場 所 :南風原 瑞泉酒造(株) 中瀬原酒蔵
出演者 :川崎 達(チェロ) 石川 千草(ピアノ) 周 霞(ニ胡)
演奏曲目:「歌の翼に」メンデルスゾーン、「プレリュード」バッハ、
「アラベスク第1番」ドビュッシー、「ジャスミンの花」江蘇省民謡、
「葡萄熟了(ぶどうが実ったよ)」周維 「南風原の子守唄」
「てぃんさぐの花」「グリーン・デスティニー ~愛のテーマ」タン・ドゥン
「主よ、人の望みの喜びよ」バッハ 他 全13曲

戻る

カテゴリ

アーカイブズ

ページトップへ戻る