information

お知らせ 詳細記事

瑞泉「御酒(うさき)」東京大学が発売

東京大学が商標をつけて「東大泡盛 赤門印」発売

東京大学は、11月13日本郷キャンパスの赤門脇に開業する「コミュニケーションセンター」で、学内の研究成果を活用して作られた商品に、商標をつけて発売することが決まった。
その目玉商品の一つとして百年純粋黒麹使用泡盛 瑞泉「御酒(うさき)」を発売する。

「コミュニケーションセンター」の目的

大学への親しみやすさを伝え、敷居を低くして東京大学の魅力を学生たちと一緒に宣伝したいと企画された。これまで東大ブランドの商品は発売されていたが、大学当局が売り出すのは、初めてのことである。

【御酒(うさき)の特長】

御酒(うさき)に使用された黒こうじ菌は戦前に使用されていたもので、1946年の沖縄地上戦で壊滅したとされてきた菌。1935年に東京大学分子細胞生物学研究所の故・坂口謹一郎博士によって当社工場から採取された瑞泉菌の標本が、60年後の今でも東大で保存され生きていることを確認。瑞泉酒造ではこの瑞泉菌による戦前の味の復刻をめざし、商品化に成功。

新酒ながら、果実のような甘い香りと、まろやかで雑味のないクリアな飲み口。現代の方々にも飲みやすい泡盛です。

御酒(うさき)

【商品仕様】

製品名:百年純粋黒麹使用泡盛 瑞泉「御酒(うさき)」(4,200円)
度 数:30度
容 量:720ml
販売先:東京大学「コミュニケーションセンター」
本郷キャンパスの赤門脇

問い合わせ:03-5841-1039

戻る

カテゴリ

アーカイブズ

ページトップへ戻る