• Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

瑞泉酒造株式会社

〒903-0814

沖縄県那覇市首里崎山町1-35

TEL 098-884-1968

FAX 098-886-5969

© Zuisen Distillery Co., Ltd. All Rights Reserved.

​泡盛について

 約600年もの歴史を持つ泡盛のルーツは、

⼀般的に類似の蒸留酒が存在することから、中国あるいはタイ(シャム)などの東南アジア地域がルーツであると⾔われています。

しかし、⿊麹菌(アワモリコウジ)を⽤いた蒸留酒は、他に類を⾒ない泡盛独特のものであるところから、泡盛そのものの製造法は沖縄独⾃に⽣まれ、沖縄の⾵⼟・⽂化の中で育まれたものであると考えられています。

かつての琉球王国時代は、琉球王府があった⾚⽥、崎⼭、⿃堀の⾸⾥三箇だけに「焼酎職」という職⼈を住まわせ、直接監督下で泡盛を作らせていました。そこで作られた泡盛は、主に王府の⾏事や交易品、または江⼾への献上品として使われていたようです。

瑞泉酒造は、⾸⾥三箇のひとつである崎⼭の焼酎職を始祖に持ち、⻑い歴史を誇る泡盛・古酒の伝統を受け継ぐ蔵元です。

 

製造工程

 

原料の加工から貯蔵・熟成にいたるまでの6つの工程をご紹介いたします。

原料

原料はお米です。主にタイ米を使用します。

1.洗米・浸漬

洗米し、水分を吸収させるために水に浸します。

2.蒸米

十分に水切りしたら、蒸米機の中で1時間ほど蒸し上げます。 蒸すことにより、白米に含まれる澱粉が消化されやすい状態になります。

3.製麹

蒸された米は製麹機に移され、泡盛特有の芳醇な香りと味を生む黒麹菌を散布します。

黒麹菌には、米に含まれる澱粉を葡萄糖に変える働きと、クエン酸を作りだして雑菌の増殖を抑える働きがあります。繁殖に適した温度を保ちながら、2日かけて麹の熟成を待ちます。

4.仕込み

できあがった麹に水と酵母を加え「もろみ」を作って発酵させます。黒麹菌が作ったブドウ糖を、酵母が発酵作用でアルコールに変えます。 仕込みから約2週間でアルコール度数が18度~19度にまでなります。

5.蒸留

熟成もろみを蒸留機へ移し、単式蒸留機で蒸留します。蒸留することによりアルコールが濃縮され、芳醇な香りを放つ、泡盛ができあがります。

6.貯蔵・熟成

できたての泡盛原酒は、44度に加水調整して貯蔵タンクおよび甕で熟成させます。 時とともに、香り高く、まろみを帯びた泡盛独特の味わいへと変化し、1年ほどで製品として出荷されます。

​古酒の作り方

 

時が深い味わいを泡盛に注ぎ込む「古酒(クース)」

 

古酒(クース)は、3年以上熟成を重ねた泡盛だけが、名乗ることができます。

その特長は、長く寝かせて熟成を深めるほどに芳香を増し、舌の上を転がるようなまろやかさが加わってくるところです。

泡盛は瓶で熟成させることもできますが、甕で貯蔵した方が美味しい古酒を作ることができます。

 

古酒造りの基本は甕選びにあります。良く焼き締められた素焼きの甕を用意し、40度以上の自分のお気に入りの泡盛を詰めて、あとは時が過ぎるのを待ち、年に一度蓋を開け甕の状態や漏れがないかチェックします。

泡盛は瓶で熟成させることもできますが、古くから伝えられる「仕次ぎ」と呼ばれる方法で、いつまでも年代物の古酒を楽しむことができます。

 

仕次ぎとは、もっとも古い酒である親酒を汲みだしたら、その減った分に2番目に古い古酒から仕次ぎし、2番目の甕には3番目の古酒を仕次ぎして補充します。このように順番に行い、年の近い古酒同士を掛け合わせることにより、古酒を活性化させ育てることにより、減らない美味しい古酒を飲んで楽しめる理想的な貯蔵方法です。

 

このような工程を経ることで、親酒(親甕)の風味は損なわれず、数十年物の古酒が楽しめるようになります。

 

「古酒」と表示できる条件は、100%3年以上貯蔵した泡盛であることです。